■セット内容:ナイフ2本、フォーク2本
■サイズ:(ナイフ)230×20×17mm、(フォーク)215×20×17mm
■箱サイズ:176×265×40mm
■素材:ステンレス、人工大理石(※コーリアンは、米国デュポン社の研究開発によって生まれた人工大理石。その美しさと優れた耐久性が特長です)
■生産国:フランス
■正規品


◇HISTORY-歴史-◇
農業や畜産、チーズ造りが主産業だったラギオール村では、数百年前から牧童用ナイフがつくられていました。

1829年、スペインに出稼ぎに行っていた牧童が1本のナイフを持ち帰り、同じようなナイフが作れないかと鍛冶屋カルメル氏に相談しました。カルメル氏は村に伝わる技法をアレンジしてさらに使い勝手のよい折りたたみナイフを作りだしました。これがラギオールナイフの原型です。
村の牧童たちは皆、この使い心地のよいナイフを持つようになり、以降、この村人たちの希望でさまざまな改良が行われました。

1840年頃には羊飼いをする牧童たちの希望で千枚通しが加えられ、現在のカトラリーシリーズに受け継がれる「羊飼いのクロス」がデザインされました。敬虔なカトリック教徒である彼らはハンドルに留めネジで描いたクロスをロザリオとして、長い夏の放牧で協会から離れていても、このナイフを立てて毎日祈りを欠かさず過ごしたそうです。

1880年頃、パリのカフェでウェイターとして働く村人の希望で、ナイフにコルク栓抜き付のスクリューを付けたモデルが誕生しました。美しいフォルムのそのナイフは、パリの紳士淑女の間でプレゼントとしてもてはやされ、瞬く間に「ラギオールナイフ」の名で流行します。
20世紀にはいると戦争などで金物や工業の需要が一変し、職人たちはラギオール村を離れ、国内に散り散りになりましたが、その先でも刃物を作り続けました。

1992年、再び発祥のラギオールの地で、伝統を重んじ、特定の工法に則ったナイフつくりをしようと職人たちが集結し、「ラギオール アン オブラック」がスタートしました。

メニュー

公式の店舗 フォーク ナイフ カトラリーセット コーリアンブラック アンオブラック 【スーパーSALE期間中10%OFF!】ラギオール ペアセットLAGUIOLEenAubrac 5167【p-up】 ハンドメイド【ラッピング対応可能】-カトラリーセット

公式の店舗 フォーク ナイフ カトラリーセット コーリアンブラック アンオブラック 【スーパーSALE期間中10%OFF!】ラギオール ペアセットLAGUIOLEenAubrac 5167【p-up】 ハンドメイド【ラッピング対応可能】-カトラリーセット